生活 節約

【元引きこもりが解説】お金をかけずに一人で暇をつぶす方法|コスパ最高の趣味7つを紹介

「休日なのになにもすることがない!」
「ひとりで楽しく時間をつぶせる方法をおしえてほしい!」

家でひとりで過ごす時間がふえたことで、このような悩みを持つようになった人も多いのではないでしょうか。

私は元引きこもり。大学を卒業してから4年ぐらい引きこもってました。

引きこもりは、強引にポジティブな表現に置きかえれば暇つぶしのプロです。

この記事では、そんな私が実際に4年の時間をつぶした方法を紹介します。

引きこもりはお金がないので、もちろんコスパも抜群です。

この記事を読めば、きっとあなたの人生から暇という言葉はなくなりますよ。

楽しく暇をつぶす方法は「没頭できる趣味」を見つけること

引きこもっていた4年間で、私は一度も暇だと感じたことはありません。

むしろ、できることならそのまま一生引きこもっていたかったぐらいです。

なぜなら私には「没頭できる趣味」があったからです。

仕事中は時間が経つのが遅いのに、楽しいことをしていると一瞬で何時間も過ぎている。

こんな経験はだれにでもありますよね。

夢中になって没頭できるものがあると、半日や一日どころか、年単位で時間をつぶすことすら簡単です。

さらにその夢中になれるものがお金のかからないことである場合、楽しく過ごしながら貯金もどんどんふえていくので一石二鳥ですよ。

とはいえ、

  • 好きなことがなかなか見つからない
  • ひとりで時間をつぶすことが苦手

といった人も多いと思います。

そんな人に向けて、実際に私が引きこもり時代に(人生を棒に振るレベルで)没頭していた、お金をかけずに楽しく暇をつぶす趣味を紹介します。

世間的には謎のベールに包まれている、引きこもりの生態についても感じ取っていただければと思います。

引きこもり時代の私が4年の時間をつぶした、コスパ最高の趣味7つ

 

  1. 映画・アニメ・ドラマ鑑賞
  2. 読書(マンガ含む)
  3. youtube視聴
  4. 将棋などの頭脳ゲーム
  5. オンラインゲーム(ネトゲ)
  6. 創作活動
  7. 勉強

 

これらはすべて、私が引きこもり生活中に体験済みの趣味です。

どれもこれも、のめり込むと数時間から数ヶ月は簡単に消し飛んでいくものばかりです。

具体的な楽しみ方については、以下で順番に解説していきます。

コスパよく暇をつぶせる趣味1:映画・アニメ・ドラマ鑑賞

自宅にいながら映画やドラマが見放題のVODサービスは、暇をつぶす方法の代表格です。

たとえば映画を見るのが好きなら、これだけあれば暇な時間に悩まされることはなくなります。

お金はかかってしまいますが、引きこもりにも払える範囲内でコスパも良好です。

主要VODサービス3社の料金比較

月額
netflix 990円
hulu 1,026円
U-NEXT 2,189円

いずれも月額料金です。

U-NEXTはすこし高めですが……

この価格で一ヶ月のあいだ暇をつぶせると考えると、とんでもないコスパですよね。

アマゾンプライムビデオがおすすめ

そんなVODサービスですが、私がもっともおすすめしたいのは、やはりアマゾンプライムビデオです。

月額約410円という驚異の価格でありながら、映画だけでなくアニメやドラマも充実している鬼のようなサービスです。

しかも定期的に作品が入れ替わるので、飽きることもありません。

長編アニメとか海外ドラマなんかを見始めたら、時間がいくらあっても足りなくなりますよ。

ちなみに動画視聴には通信量を多く使います。ネット料金を格安におさえる方法についてはこちらをご覧ください。

一人暮らしに固定回線はいらない|月2980円でネットを使い放題にする方法

続きを見る

コスパよく暇をつぶせる趣味2:読書(マンガ含む)

Amazonプライム会員になると、上記のプライムビデオだけでなく、その書籍版ともいえる「プライムリーディング」が利用できるようになります。

対象の電子書籍が読み放題になる、読書好きにはたまらないサービスです。

読書にはもちろんマンガも含みます。

というよりも、暇をつぶすにはマンガは外すことのできない要素です。

どうせ読み放題なら、思うぞんぶん読みあさりましょう。

動画と電子書籍がどちらも使い放題で月額410円なんて、裏があるんじゃないかと疑いたくなるレベルですよね。

もしかしたら近いうちに値上がりするかもしれません。いまのうちに堪能させてもらいましょう。

プライムリーディングが物足りなくなったら、kindle unlimited がおすすめ

ただし、プライムリーディングには不満な点もあります。

品揃えが微妙なのです。

読書をする気分が高まっていても、興味をそそられる本が見つからないなんてことはよくあります。

そんなときは、kindle unlimited というを使うといいかもしれません。

月額1000円かかりますが、読み放題の対象書籍が大幅に増加しますよ。

コスパよく暇をつぶせる趣味3:YouTubeを視聴する

手っ取り早く時間をつぶしたいなら、なにも考えずyoutubeにアクセスするのがベストです。

クオリティの高い動画が無料で気軽に見れるので、ついつい時間を忘れて再生し続けてしまうこと必死です。

ただ眺めているだけでもそれなりに時間をつぶせますが、以下を心がけるとさらに時間を浪費することができます。

  • 長く続いているシリーズ物の動画を選ぶ
  • 「チャンネルをおすすめに表示しない」機能を使う
  • 少しでも興味をひかれた動画はすぐに別タブで開く癖をつける

長く続いているシリーズ物の動画を選ぶ

良質なシリーズ物の動画を見つけると、効率的に時間をつぶすことができます。

しかも長く続いているシリーズであるほどユーザーに評価されていることが多く、内容のよいものが多いです。

ひとつのシリーズ物を見終わったら、ジプシーのように次のシリーズ物をさがす旅に出かけましょう。

「チャンネルをおすすめに表示しない」機能を使う

youtubeを見ていると、関連動画にまったく興味のない動画がならんでいたりしますよね。

このような興味のそそられない動画たちを画面から消すことができれば、さらに効率よく楽しい動画を探しやすくなります。

そこで積極的に使っていきたい機能が、「チャンネルをおすすめに表示しない」機能です。

以下の手順で設定できます。

step
1

step
2

こうすることでソリの合わない動画を画面から消すことができます。

覚えておいて損はありません。

少しでも興味をひかれた動画はすぐに別タブで開く癖をつける

当たり前だといわれるかもしれませんが、

関連動画のなかにすこしでも興味をひかれた動画を見つけたときは、すぐに別タブで開いておく癖をつけましょう。

次々と動画を見ていると、気になった動画のタイトルなんてすぐに忘れてしまいます。

忘れないうちに視聴する動画をストックしておくことで、弾切れを防ぐことができるのです。

これらのテクニックは、引きこもりならみんな無意識に使ってると思います。

コスパよく暇をつぶせる趣味4:将棋

異常なほど没頭できる趣味として、私がつよくおすすめしたいのが将棋です。

無料でネット対戦できるのですが、恐ろしいほど急速に時間が溶けていきます。

「寝る前に少しだけやろうと思って始めたのに、気づいたら朝になっていた」

私の身にはこのような現象がなんども起こっています。

  • 思考のなかに閉じこもる将棋
  • 部屋に閉じこもる引きこもり

このふたつは、いろんな意味で相性がよすぎるのです。

でも将棋って、始めるためのハードルがけっこう高い印象がありませんか?

「なんかお堅そう」
「なんか難しそう」
「なんか取っつきづらそう」

こういうイメージの人は多いと思います。

でも実際は、まったくの正反対なんですよ。

たとえばプロ棋士の対局が、abemaTVなどの動画サイトで中継されていたりします。

一度見てもらえればわかると思うのですが、解説中に親父ギャグを飛ばす棋士がいたり、カツラを外す棋士がいたりとお堅い雰囲気はまったくありません。

解説中にカツラを外す棋士

それに、過去にはこんな斬新なイベントもやってたりします。

AIとプロ棋士が対局する「電王戦」

なぜかフットサル場で対局する「プロ棋士フットサル大会」

駒の代わりに本物の自動車を使って対局する「リアル車将棋」

どれもこれも、エンターテイメントとして素晴らしいイベントでした。

自分では将棋をやらないけど、このようなイベントやネット中継を見るのが好きなファンというのも今は増えています。

野球やサッカーと同じように、観戦できる競技として将棋にも注目が集まっているのですね。

  • ネット対戦で異常なほど時間をつぶせる
  • 強くなるために勉強しようとするとかなりの時間をつぶせる
  • プロ対局の観戦やイベントの視聴でとんでもなく時間をつぶせる

向き不向きはあると思いますが、暇をつぶすにはもってこいの趣味です。

物はためしでやってみると、新しい世界があなたを待っているかもしれませんよ。

ちなみに将棋以外でも、以下のようなゲームは激しく時間を消費できます。

  • 麻雀
  • チェス
  • 囲碁
  • オセロ

もっとも興味のひかれるものを試してみてください。

考えるのが好きであればあるほど、際限なくのめり込むことができますよ。

ストレス解消にもおすすめ

嫌なことがあったとき、私はいつも毛布にくるまってひたすら将棋をやっています。

他のことを考えていると負けてしまうので、すくなくとも将棋をやっている間だけは嫌なことを忘れられるからです。

ひたすら対戦していると、やがて眠くなって寝落ちします。

そして起きたころには、嫌な気持ちがすこしマシになっているのです。

考えるゲームは嫌なことから強制的に目を背けられるので、ストレスへの対処法としておすすめです。

コスパよく暇をつぶせる趣味5:オンラインゲーム

市販のゲームも悪くはないですが、時間をつぶすならやはりオンラインゲームは鉄板といえるでしょう。

私も引きこもり時代は一日19時間ぐらい没入していた時期があります。

そんなにやって飽きないのか? と思われるかもしれませんが、

不思議なことに、これが飽きないんですよ。

やることがなくてもログインしたくなるのは、ネトゲ中毒者にはありがちです。

なぜならネトゲの世界には、私のような引きこもりでも受けいれてくれる度量の広さがあるからです。

私は社会生活にうまく馴染めず引きこもりになったのですが、そんな私でもネトゲのなかには友人がいました。

ゲームの世界では、なぜかみんなすごく優しいのです。

実社会ではできなかった他者との交流を、私はゲームのなかで経験することができました。

人づきあいが苦手で孤独を感じている人には、特におすすめできる趣味ですよ。

コスパよく暇をつぶせる趣味6:創作活動

  • 小説・脚本などのシナリオ制作
  • 漫画の執筆
  • イラスト制作
  • ゲーム制作
  • 音楽制作

創作活動は、ある意味では最強の暇つぶし方法です。

自分との戦いなので、気力が尽きないかぎりは飽きることがないからです。

初期費用さえ出してしまえばお金もそれほどかかりません。

シナリオならスマホやパソコンがあれば書けますし、漫画やイラストもペンタブレットや編集ソフトを買えばそれ以上の出費はありません。

良くも悪くも、環境さえ整えてしまえばあとは技術とアイデア次第です。

いつか収入につながるかもしれないという夢もありますし、

SNSなどに投稿して反応をもらえるようになれば、さらに楽しくなるかもしれませんね。

この他にも、フィギュアやハンドメイドの小物を作ったりと、自分の能力を活かして物づくりをするのもいいかもしれません。

好きなことをしてお金を稼げれば、人生はきっと今よりも楽しくなりますよ。

傑作を作ろうとしてはならない

ちなみに私は以前、小説を書いていたことがあります。

残念ながら人様に見せられるような作品は生まれませんでした。

ですが創作に打ち込んだ経験から、ひとつ学んだことがあります。

「傑作を作ろうとしてはならない」ということです。

傑作をものにしようと意気込むほど、自分のアイデアが陳腐なものに思えてきて身動きが取れなくなります。

創作で大事なのは、とにかく作品を完成させること。

「誰もが目を背けるような、しょうもないものを作ってやるぜ」

ぐらいの感覚でいたほうが、力も抜けていいものが作れるんじゃないかと思います。

コスパよく暇をつぶせる趣味7:勉強(スキルアップ)

「できなかった事ができるようになる」という体験に喜びを感じる人は意外と多いのではないでしょうか。

そういった人は、暇な時間を活用して知識や技術の習得を目指すといいかもしれません。

  • プログラミングやデザインなどのIT系スキルの習得
  • 以前に取ろうか迷っていた資格の取得
  • 経済や金融など実生活に役立ちそうな知識の習得
  • 筋トレで体作り

最近は副業で収入を得ることなどが注目されていますし、学んだことは損にはなりません。

もし興味のあることがあれば、やる気があるうちに始めてしまいましょう。

余談ですが、私はかつてプロゲートというオンライン学習サイトでプログラミングを勉強していました。

そこそこ面白かったのですが、文章を書くほうが好きだったので、結局プログラミングは放り出してそっち方向にシフトしたという経験があります。

新しいことを学び始めるときは、このようにいつでも途中で放り投げられるような環境にしておくことをおすすめします。

間違っても最初からスクールに申し込んだりするのはやめてください。

なるべく小規模に、できるだけお金がかからない方法からスタートしましょう。

お金をかけずに暇をつぶせる趣味は、一生の財産になる

以上、私が引きこもり時代に夢中になっていたコスパ抜群の趣味でした。

そして、もちろん社会人になったいまもお世話になっています。

お金をかけない趣味を持つと、冗談ぬきでお金がどんどん貯まっていきます。

最近では、もう一度引きこもり生活に戻れるかもしれないという希望まで出てきました。

引きこもり時代に習得したものは、私にとって一生ものの財産になりました。

なにごとも無駄ではないんだなと感じますね。

最後に

没頭できるものを見つけることが、有意義に時間をつぶすための唯一の方法です。

まずはいろいろと試してみて、自分に合っていると感じられるものを探してみてください。

うまく見つかれば、より楽しく充実した人生が待っているはずです。

-生活, 節約