生活 節約

エアコンなし歴4年が辿りついた夏の暑さ対策|猛暑と熱帯夜を乗り越える方法

「サウナみたいになった部屋をなんとかしたい」
「蒸し暑い熱帯夜に快眠する方法が知りたい」
「エアコンなしで猛暑を乗り越える方法を教えてほしい」

日本の夏は高温多湿。エアコンなしで過ごすのはかなり厳しいですよね。

でも実は、エアコンがなくてもやり方しだいで快適に夏をやり過ごすことは可能です。

私はエアコンなしの生活をかれこれ4年以上続けていますが、いまではそれほど暑さがキツいと思うことはなくなりました。

この記事では、そんな私が4年の研究を経てたどりついた夏の暑さ対策を紹介していきます。

簡単で即効性のある、きわめて実用的な方法だと自負しています。

エアコンなしで夏を乗り切るなら、血液を冷やすことを意識すべし

まず前提として、エアコンがなくて部屋を冷やせないなら、体を冷やすしかありません。

そこで重要になるのが、血液を冷やすという意識を持つことです。

血液の持つ役割のひとつに、体温の調節があります。

  1. 暑いときは血管が拡張し、血液から熱を排出する
  2. 寒いときは逆に収縮して、熱を逃がさないようにする

こうして温度調節された血液が体内をめぐることで、私たちは適度な体温を保つことができているのです。

つまり暑さを感じたら体を冷やさなければならないわけですが、

効率よく体を冷やすために、血液を冷やす必要があるということです。

太い血管がある部位を冷やすとより効率的

血液を冷やすのにも効率のいい方法があります。

脇、首筋、太ももの付け根、足首など、太い血管がある部分を集中的に冷やすことです。

熱中症対策の定番でもあるので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

血液が体内を一周する時間は約30秒~1分程度といわれています。

一度にたくさんの血液を冷やすことができれば、それだけ体の冷却スピードは早まるのです。

エアコンなしで夏を乗り越えるためには、最大効率で体温をさげる必要があります。

太い血管を冷やすというのは、必ず意識しなければなりません。

夏の暑さ対策は「昼」と「夜」にわけて考えるべし

夏の暑さ対策は、大きくふたつに分けられます。

  • 日中の対策
  • 熱帯夜の対策

このふたつは似ているようでいて、まるで性質が違います。

日中は「いかに暑さをごまかすか」を目指し、

夜は「いかに快適に眠れるか」を目指さなければならないからです。

それぞれを別物として考えることがポイントです。

昼の対策

「いかに暑さをごまかすか」が重要になる日中は、

  • 体を持続的に冷却すること
  • なるべく部屋に熱をためないこと

このふたつが欠かせません。

具体的な方法は以下のとおりです。

  • 氷バケツで足を冷やす
  • ネッククーラーで首筋を冷やす
  • 部屋に風の通り道をつくる

氷バケツで足を冷やす

熱のこもった蒸し暑い部屋では、氷バケツが神がかり的な効果を発揮します。

氷バケツとは

文字どおり、バケツに氷と水を入れたもの。
足をひたして使う。たいていはデスクの下に設置されることが多い。

準備がめんどうであり、決してスマートな対策とはいえませんが、

いろいろと試してきたなかで、もっとも体感温度をさげてくれたのが氷バケツでした。

足を突っ込んだ瞬間の清涼感を味わえば、あなたにも一度は味わってもらいたいですね。

氷はたくさん作っておこう

ただし、氷バケツは使い方にひと工夫が必要です。

普通に足を突っ込むだけではすぐに水がぬるくなってしまい、持続性にかけるのです。

そこで、あらかじめ大量の氷を作っておくことをおすすめします。

製氷皿の氷ではすぐにとけてしまうので、ペットボトルで作りましょう。

私は夏になると、2リットルのペットボトルをいくつか冷凍庫に眠らせておくことにしています。

これだけで冷凍庫がいっぱいになりますが、とくに気にはなりません。暑さを忘れられるなら安いものです。

このペットボトル氷をバケツに入れることで、冷たさが持続する時間を大幅にふやすことができるのです。

準備にすこしの手間はかかりますが、氷バケツの冷却効果はばつぐんです。

濡れた足にサーキュレーターを吹きつけると、さらに快適になりますよ。

ネッククーラーで首筋を冷やす

とはいえ、常に氷バケツに足をひたしているわけにもいきません。指先がシワシワになってしまいます。

そんなときは、ネッククーラーを使うのがおすすめです。

 

  • 冷凍庫から取り出すだけで手軽に使える
  • ストックを用意することで持続性を確保できる
  • 首筋を冷やすと体感温度がかなり下がる

 

私がおすすめするのは、保冷剤を首にまきつけるタイプのものです。

アナログですが、もしかしたらこれだけでも充分かもと思えるほど、優秀な冷却グッズです。

冷たさが持続するのは1時間ほどしかないデメリットはありますが、ストックを用意して交互につかうようにすれば実質的に冷却効果は無限に続きますよ。

氷バケツとネッククーラーがあれば、たいていの暑さは問題にはなりません。

風の通り道を作る

 

  • 電化製品からの放熱
  • 鉄骨やコンクリートなどから伝わる熱
  • 調理時にコンロから発生した熱

 

エアコンがない部屋で窓を閉め切っていると、このような熱がたまっていき室温があがってしまいます。

外よりも室内のほうが暑いなんてこともあるぐらいです。

だから定期的に部屋の空気を入れ換えて、排熱をうながさなければなりません。

ただし窓を開けるだけでは不十分です。

効率よく外気を取り込むために、風の通り道を作ってやる必要があります。

手順は簡単で、家のなかの窓を2ヶ所あけるだけです。

このとき、なるべく対角線上に位置している窓をあけるようにしてください。

窓が無理なら玄関のドアで代用することも可能です。

風の通り道をつくることで、部屋のなかにすこやかな風が吹き抜けるようになります。

こもった熱を排出し、体感温度まで下げてくれるので地味に効きますよ。

風呂から出るまえに冷水シャワーを浴びる

風呂に入ってほてった体は、熱暴走をおこす寸前のノートパソコンのようなもの。

風呂から出るまえに冷水シャワーを浴びて体の粗熱を取ってやると、そのあとの過ごしやすさが段違いです。

図書館やカフェに入り浸るのもあり

本筋からはずれた対策になりますが、冷房の効いた場所に逃げ込むというのも覚えておいて損はありません。

幸運なことに現代社会には、お金をかけずに長居できるオアシスのような場所がたくさんあります。

冷房の効いた場所に避難したくなったら、ハザードマップ(Googleマップ)を広げて近くのカフェを検索してみてください。

どんな地域でも、いくつかの候補があがるはずです。その中でもっとも安価な場所を選んで涼みにいきましょう。

個人的には図書館もおすすめします。無料だからです。

冷房の効きがすこし弱めのきらいはありますが、安心安全に利用できる施設です。

夜の対策

ここからは夜の対策について解説します。

エアコンなしで夏を乗り越えるために、もっとも苦労するのが熱帯夜の対策です。

ただ体感温度を下げればいいだけの日中とは違い、快適に眠らなければならないという制約が追加されるからです。

しかしこれから紹介する方法を使えば問題ありません。

長年の研究のすえに、私がベストだと判断した方法を紹介します。

保冷剤で冷やす

熱帯夜にエアコンなしで快眠するには、次の条件が必須となります。

 

  1. 眠りに入るまで暑さを感じずにいられること
  2. 暑苦しさで目を覚まさない程度に体を冷やし続けられること

 

このふたつのポイントを同時に達成できるのが保冷剤です。

なぜなら保冷剤には、以下のメリットがあるからです。

  • しっかり涼みながら眠りに入れる
  • 寝ている間に適度な冷たさに調整される
  • 好みの冷たさに調節できる

保冷剤は100均のもので問題ありません。

私はこのような固形タイプの保冷剤を使っています。

しっかり涼みながら眠りに入れる

ベッドに入って目を閉じていると、蒸し暑さは普段より気になるものです。

だから心地よく眠りにつくためには、暑さを感じないレベルまで体を冷やす必要があります。

そのためには、やはり前述のとおり太い血管がある場所を保冷剤で冷やすのが効果的です。

私は両脇にひとつずつ、両足にひとつずつ、計4つの保冷剤を配置しています。

脇に当てたときの冷却効果は特に強烈で、

真夏の部屋にもかかわらず、涼しいを通り越して寒さを感じることもあるぐらいです。

寝ている間に適度な冷たさに調整される

寝入ることができたあとは、寝苦しさで起きないようにしなければなりません。

暑くてもだめだし、冷やしすぎてもだめです。

心地よい眠りを続けられるよう、適度な涼しさを維持する必要があります。

しかしこれは、持続時間のみじかい保冷剤をつかうことで解決します。

寝ているうちにとけていき、自然と冷たすぎない適温に調整されるのです。

私は持続時間4時間の保冷剤をつかっており、このぐらいがちょうどいい案配ではないかと思っています。

睡眠時間はだいたい6時間ほどですが、ひんやり感は朝までしっかり保ってくれています。

好みの冷たさに調節できる

もし体が冷えすぎる場合は、保冷剤にタオルを巻くことで冷たさを調節できます。

このあたりは完全に個人差なので、もっとも快適に感じる冷たさを追求してみてください。

ちなみに私は、足を冷やす保冷剤にだけタオルを巻いて使っています。

枕をアイスノンに変える

保冷剤ではカバーできないのが頭です。

ゴツゴツした保冷剤では、どうしても寝心地が犠牲になるからです。

そこで私は、アイスノンをつかっています。

熱がでたときなんかに使ったことのある人もいるんじゃないでしょうか。

頭をのせる側がやわらかくなっているので、寝心地もばっちりです。

首筋にあてると、すーっと熱が取れていくようないい気持ちになりますよ。癖になる快感です。

頭と体、ダブルで冷やせば熱帯夜も恐るるにたらずです。

無理するぐらいならエアコンを使おう

ここまでエアコンなしで夏を乗り越える方法を解説してきましたが、くれぐれも無理は禁物です。

無理だと感じたら、体調をくずす前にエアコンを導入してください。

いまは3万円台で購入できる安価なエアコンもある時代です。

なによりも大切なのは健康です。

無理がたたって体を壊しては、後々の医療費が高くついてしまいますからね。

健康を犠牲にするぐらいなら、素直にエアコンを使いましょう。

私も限界を感じたらそうするつもりです。

最後に

以上がエアコンなしで4年間過ごしている私の夏の対策です。

だいぶ無骨な対策ですが、エアコンがなくともまったく問題にならないレベルには快適に過ごせますよ。

ちなみに冷風扇や冷感マットなども魅力的にうつりますが、これらは候補にはなりません。

触れるとひんやりするタイプの商品は、エアコンと併用したときにはじめて効力を発揮するようにできているからです。

エアコンなしで過ごす夏がどれだけ過酷であるかは、体験した人にしか分かりません。

だからこそ、かつての私と同じく猛暑に苦しむあなたに、私が導きだした結論を伝えたいという気持ちで書きました。

あなたが快適に夏を過ごせるよう願っています。

-生活, 節約